HOME > 取扱業務 > 交通事故 > 賠償請求できる車の代車費用


賠償請求できる車の代車費用


交通物損事故の被害にあった場合に賠償請求できる代車費用について解説いたします。


基本的な考え方

損傷した車の修理をし、また、買い替えるまでにレンタカーなどの代車を使用し、代車費用がかかった場合には、相手方に対して、代車費用を請求することができます。

ただ、請求できる代車費用は、①必要性と、②相当性を満たす範囲です。


必要性

代車費用は、事故により代車を使う必要があって使ったことで賠償請求が認められる費用です。

したがって、代車を使用する必要性がなければなりません。

・営業車として使用している場合

事故にあった車を営業車として使用している場合には、基本的に必要性が認められます。

ただ、予備車などの休遊車がある場合には必要性が認められないこともあります。

 
・通勤、通学のために使用している場合

通勤や通学のために車を使用している場合も基本的に必要性が認められますが、電車やバスなどの代替交通機関を使用することが相当とされる場合には、必要性が認められないこともあります。

・レジャーや趣味に使用している場合

車に乗ること自体が趣味で、そのためにしか車を使用していないという場合には、必要性が認められない可能性が高いです。

一方で、レジャーや趣味などの移動手段として車を使用している場合には、移動手段として代替交通機関を使用することが難しければ、必要性が認められる可能性はあります。



相当性

代車費用を負担した場合には、必要なクラスの代車と必要な代車の期間について賠償請求が認められます。

・代車のクラス

使用する代車は、基本的に事故により損傷した車と同等クラスの車種の代車費用について認められます。

ただ、外国車などの高級車の場合は、国産高級車クラスの車種の代車費用までしか認められないことが多いです。

例えば、BMWの高級車を代車として使用した場合には、レクサスの代車費用の限度でしか賠償請求が認められないなど

 
・代車の期間

通故によって代車を使用せざるを得なかった期間として認められるのは、修理や買い替えに必要な期間です。

      

【修理期間が遅れた場合】

修理着手が遅れるなどして修理期間が延びた場合で、不必要な修理を要求したなど、合理的理由なく修理が遅れた分の期間については代車費用の請求ができません。

一方で、必要な修理であるのにもかかわらず、相手方がその修理を認めないため修理着手が遅れるなど、修理期間が延びた原因が相手方にある場合には、修理が遅れた分の期間についても代車費用の請求をすることができます。

【買い替える場合】

買い替えのために、代車を使用する場合、賠償請求できる使用期間として認められるのは、修理費の見積りを見て、買い替えを決断し、実際に買い替えて納車されるまでの期間であると考えられます。

通常認められるのは1か月程度です。

ただ、これも、全損になるか修理の見積りを見ないと分からないのにもかかわらず、相手方の原因で見積りのための調査が遅れるなどした場合には、遅れた分の期間についても相手方に代車費用の請求をすることができると考えられます。


その他の留意点

代車費用を賠償請求するためには、基本的に①代車を実際に使用した事実②代車費用を支払った事実が必要となります。

ただ、②について、まだ代金を支払っていなくても、代金の支払いを猶予してもらっているなど、実際に代車費用の債務を負担している状態であれば、損害は発生してますので、その時点で相手方に賠償請求することができると考えられます。


▲ページトップに戻る