HOME > 取扱業務 > 男女関係 > 婚約破棄の慰謝料ってどれくらい?


婚約破棄の慰謝料の金額


婚約破棄の慰謝料は、離婚の慰謝料よりも低額になる傾向があり、一般的には50万円~200万円の間で認められる例が多いといえます。

ただ、慰謝料は、精神的な苦痛に対して認められるものですので、個別の事情により増えたり減ったりします。

慰謝料の額を決める際の判断要素は、

などの事情です。

これらの事情を総合的に考えて、精神的苦痛を回復するために必要な金額を決めることになります。


判断要素はいろいろありますが、結局は、

①相手にどれだけ結婚生活が実現することへの期待を持たせたのか

②婚約破棄の原因をつくった責任はどの程度か

③婚約を破棄することや婚約破棄による相手への影響を最小限にとどめるためにどれだけ誠実に対応したのか

という事情を判断するための考慮要素だと考えられます。


<慰謝料100万円を認めた例>

男性が専門学校を卒業して就職した後婚約が成立し、1年間同棲をしていたところ、女性は家で主婦の役割を担っていたが、男性が他の女性が好きになり、婚約破棄に至った事案。

①男性が他の女性を好きになって波風が立つまでは女性に責任はなく主婦としての役割を果たしていたこと、②男性と他の女性との関係は深いものではなかったこと、③女性や女性の母に問題の解決を急ぎすぎた点もあること、④同棲解消の際に男性の父から引越費用等として86万円を受け取っていること、⑤年齢などからもともと結婚まで至るについては不安定な要素があったことを考慮して100万円の慰謝料が認められています。


▲ページトップに戻る