HOME > 弁護士費用 > 家事事件の弁護士費用


家事事件の弁護士費用


家事事件とは、離婚やDVなど、家庭に関する事件のことです。

家事事件について弁護士に依頼する場合の費用について、それぞれの分野ごとに説明いたします。


離婚の弁護士費用


        
事件の種類 手数料
離婚協議書作成5万4,000円~21万6,000円(税込)
協議離婚サポート1万0,800(税込)/月
離婚調停・審判サポート1万6,200円(税込)/月
       
事件の種類 着手金 報酬
離婚交渉・離婚調停 21万6,000円(税込)21万6,000円(税込)
離婚訴訟32万4,000円(税込) 32万4,000円(税込)

※離婚調停から離婚訴訟を引き続き受任する場合は、離婚訴訟の着手金を2分の1とします。

※離婚調停・離婚訴訟と面会交流や親権者、養育費、婚姻費用の事件を同時に依頼していただいた場合には、着手金や報酬について減額調整いたします。


子どもに関する弁護士費用


        
事件の種類 着手金 報酬
子どもの引渡し交渉・調停・審判21万6,000円(税込) 32万4,000円(税込)
面会交流交渉・調停16万2,000円(税込) 21万6,000円(税込)
親権交渉・調停・審判21万6,000円(税込) 32万4,000円(税込)

婚姻費用・養育費請求の弁護士費用


       
事件の種類 着手金 報酬
婚姻費用交渉・調停・審判

10万8,000円(税込)10万8,000円(税込)
養育費交渉・調停・審判

10万8,000円(税込) 10万8,000円(税込)
     
事件の種類 着手金 報酬
慰謝料請求交渉・調停(請求額×6%)+消費税 (示談額×12%)+消費税
慰謝料請求訴訟(請求額×8%)+消費税 (和解額・判決で認められた額×16%)+消費税
  
事件の種類 着手金 報酬
財産分与交渉・調停・審判(請求額×6%)+消費税 (示談額・調停審判で認められた額×12%)+消費税
  
事件の種類 着手金 報酬
慰謝料・財産分与の保全処分

(保全請求額×4%~6%)+消費税(保全認容額×4%~5%)+消費税

DVの弁護士費用

     
事件の種類 手数料
保護命令申立て10万8,000円(税込)
接見禁止等申立て10万8,000円(税込)

▲ページトップに戻る