HOME > 弁護士費用 > 弁護士費用の種類


弁護士費用の種類


弁護士費用の種類について、どのような費用なのか解説いたします。


               
相談料 弁護士に相談をした際に時間に応じてお支払いいただく費用です。当事務所では、初回は無料で弁護士に相談することができます。なお、相談の結果、ご依頼いただける場合には以後の相談料はかかりません。
着手金 弁護士が事件に着手する際(原則として契約時)にお支払いいただく費用です。この着手金は、結果の成否に関わらずお支払いいただく費用になります。
成果報酬 弁護士が職務を行ったことによる事件結果の成果の程度に応じてお支払いいただく費用です。
実費 弁護士が職務を行う際、収入印紙代・郵便切手代・宿泊料その他事務処理にかかる費用が発生した場合にお支払いいただく費用です。
日当 弁護士が遠方の裁判所や警察署に行く場合などにお支払いいただく費用です。
手数料 内容証明作成や遺言書作成、契約書作成など弁護士の裁判外の活動に対してお支払いいただく費用です。
顧問料 お客様と弁護士の間で、継続的・定期的な法律相談や契約書のチェックなどの顧問契約を締結する場合にお支払いいただく費用です。


▲ページトップに戻る