HOME > 取扱業務 > 債務整理 > 自己破産のデメリット > 制限される主な資格


破産手続中に制限される資格


破産手続中に制限される主な資格


卸売業者・貸金業者・警備業者、警備員・一般建設業、特定建設業・公証人・証券取引外務員・旅行業者・旅行業務取扱主任・一般労働者派遣事業者・商品取引所会員・宅地建物取引業・宅地建物取引主任者・建設業者・不動産鑑定業者・不動産鑑定士、不動産鑑定士補・土地家屋調査士・測量業者・一般廃棄物処理業者・産業廃棄物処理業者・特別管理産業廃棄物処理業者・風俗営業を営もうとする者・風俗営業の営業所管理者・社会保険労務士・生命保険募集人、損害保険代理店・有価証券投資顧問業者・質屋・警備業者・風俗営業・弁護士・司法修習生・司法書士・公認会計士、公認会計士補・税理士・弁理士・行政書士・公証人・後見人・後見監督人・保佐人・保佐監督人・補助人・補助監督人

などの資格が、法律によって制限がかけられています。


自己破産のメリット

自己破産のデメリット


▲ページトップに戻る