HOME > 取扱業務 > 債務整理 > 自己破産の流れ > 同時廃止手続がとられる場合の自己破産の流れ


同時廃止手続の流れ


いろいろ面倒な手続きを想像されるかもしれませんが、依頼者の方が裁判所に行かなければならないのは、裁判官と行う免責のための面接の1回です。

資産や収支、負債の内容や理由の調査にご協力いただければ、大部分の手続きは弁護士が行います。


弁護士に相談・依頼

貸金業者に受任通知を発送して取り立てをストップ

ご依頼していただいた後直ちに対応いたします。これにより、貸金業者が依頼者の方の債権を取り立てる行為などが法律上禁止されます。

破産手続申立に必要な書類準備

貸金業者への債務額の確定や書類準備に通常約1か月~3か月程度かかります。

破産手続申立

申立て自体は弁護士のみで対応することができます。

裁判官との面接

破産手続を申立てた日に裁判官と面接を行います。この面接は、弁護士のみが出席することで足りますので、依頼者の方が出席する必要はございません。

破産手続開始決定・破産手続廃止決定

裁判官との面接の後、「破産手続開始決定」と同時に「破産手続廃止決定」が出されます。また、依頼者の方と弁護士が裁判官と面接する免責審尋期日が決められます。

免責審尋(裁判官との面接)

この面接は、依頼者の方が出席する必要がありますが、弁護士が同行するのでご安心下さい。質問されるのは、借金の内容や理由、収支状況、資産状況などです。

免責許可決定

免責審尋後、約1週間で免責許可決定が出され、事務所に送付されます。

免責許可決定確定

免責許可決定が出されてから、約1か月で免責許可決定が確定します。


▲ページトップに戻る