HOME > どんなときに弁護士に頼むのか


弁護士に依頼するとき


どんなときに弁護士に頼むのか

離婚や交通事故、相続などで、当事者の間で争いがなく、自分たちで解決できる場合には、弁護士に依頼せずとも法律問題は解決できることが多いです。

一方で、以下の場合には、第三者である弁護士の関与により問題解決の進展が望めますので、弁護士に依頼するメリットがあります。


▲ページトップに戻る