HOME > 取扱業務 > 離婚 > 財産分与って何?


離婚と財産分与


財産分与は財産の清算


財産分与というのは、結婚生活の間に夫婦の協力によって得た財産は、その名義がどちらかであるかに関わらず、貢献した程度に応じで清算しようとするものです。

貢献した程度といっても明確には分からないので、基本的に、妻・夫が会社員であっても、公務員であっても、自営業者であっても、専業主婦であっても、貢献した程度は2分の1として計算します。

そうすると財産分与の額は、基本的に、

(結婚生活の間に得た財産額-生活に必要なものとして負担した借金額)×0.5で求められます。


ここでは、どちらか一方が、遊ぶために勝手につくった借金については、財産額から差し引くべきではありません。

また、財産分与は、離婚の原因をつくったかどうかに関わりなく、認められるものです。

したがって、浮気をして離婚原因をつくってしまった場合でも、相手に財産分与を請求することができます。

なお、結婚前から持っていた財産や結婚後に相続によって得た財産については、財産分与の対象にはならないので注意が必要です。


財産分を請求する方法


夫婦の協議によって、財産分与の対象とする財産や金額について決まれば良いですが、協議によっては決まらない場合、家庭裁判所に財産分与の審判または調停を申し立てる必要があります。


▲ページトップに戻る