HOME > 取扱業務 > 債務整理


債務整理・破産・再生など借金問題のご相談


借金の返済でお困りの方へ

もう借金を返すことができない。

借金を返し続けていて生活が圧迫されて苦しい。

このページをご覧の方は、少なからずこのような悩みを抱えているのではないでしょうか。


もちろん、お金を借りたのですから、返済する義務はあります。

ただ、借金の返済に追われてしまうと日常生活もままならず、日々暮らしていても幸せを感じることができないかもしれません。

そのような状態をそのままにしておくと、一度借金を大きく抱えてしまった人は再スタートすることができず、借金を返すために借金をするなど負のサイクルが続いてしまうことになります。

しかし、借金を抱えている人でも、経済的に再スタートする権利があります。

そのお手伝いをすることができる手続きが債務整理手続きです。

債務整理手続きは、大きく分けて、裁判所が関与せずに借金を減額して分割で支払っていく①任意整理、裁判所が関与して借金をゼロにする②自己破産、裁判所が関与して借金を減額して分割で支払っていく個人再生の3つがあります。


借金の状況、自宅や車などの資産状況、収入などによって、適切な手続きがあります。

初回無料相談も受け付けていますし、収入や資産の要件を満たす場合には法テラスを利用してご依頼いただくこともできます。

ご相談いただくだけでも悩みが軽くなると思いますので、お気軽にお問合せください。


債務整理手続きの流れ概要

①各債権者に受任通知書を送付

矢印

②取引履歴に基づき正確な元金や利息、過払い金の有無・金額を計算

矢印

③債務整理手続きのどの手続きが適切か、ご本人のご希望を聞きながら相談して方針を決定します。

矢印

④任意整理なら債権者との交渉、自己破産や個人再生なら裁判所への申立てを行います。


任意整理・自己破産・個人再生共通部分


自己破産・個人再生・任意整理の違い


自己破産


自己破産って何?

どのようなときに自己破産を利用できるの?

自己破産のメリットは?

自己破産のデメリットは?

自己破産にどれくらいの費用がかかるの?

自己破産にどれくらいの期間がかかるの?

同時廃止手続・少額管財手続・通常管財手続の特色と基準

自己破産の流れ

同時廃止手続がとられる場合の流れ

少額管財手続がとられる場合の流れ

破産しても債務の免除を得られない場合(免責不許可事由)

破産しても免除されない債務(被免責債権)


破産・再生・任意整理・過払金など借金問題のご相談




お電話でも受付

03-6806-1624

(受付時間平日 9:30~17:30)


▲ページトップに戻る