HOME > 取扱業務 > 交通事故


交通事故のご相談


物損事故


物損事故とは

賠償請求できる車の修理費用

賠償請求できる車の買替費用

賠償請求できる車の代車費用

賠償請求できる車の評価損

賠償請求できる車の休車損害

物損事故にあったときの慰謝料


交通事故と保険


保険料未納期間に起きた事故の保険金


費用を抑えた示談交渉サポートプラン・調停審判サポートプラン


交通事故でもめているけど、弁護士費用が高くなってしまいそうで依頼する気持ちになれない。

でも、解決までの手続きがよく分からなかったり、どう対応していいか迷ったり、どう合意して良いのか不安な点もあるから、できるだけ安い値段で継続的に相談したいという方のために、

をご用意しております。

示談交渉サポートであれば、1か月1万0,800円

調停サポートプランであれば、1か月1万6,200円

で、ご自身で行う示談交渉の手続きや方針、調停の手続きや方針など不明・不安な点などについて、お電話・メール・面談にて継続的にご相談いただけます。


保険会社が提示してきた示談金ってどうなの?


交通事故にあってしまったら、相手の保険会社から示談金の提示を受けることがあります。

ただ、損害を填補しようとする保険ではあっても、あくまで相手の保険会社は保険金を支払う側であって、保険金を受け取る被害者側が望むような示談金を提示することはほとんどありません。

賠償額の基準には、「自賠責保険の基準」「任意保険の基準」「裁判所の基準」がありますが、保険会社が提示する「自賠責保険の基準」「任意保険の基準」は、「裁判所の基準」よりも相当低額に設定されています。

これは、それぞれの基準ごとに目的が異なるためですが、そのために、被害者側が望むような賠償額にはならないことが多いのです。

保険会社に示談金を提示されるがままに、示談に応じてしまうと本来受けられるべき賠償金を受けられない可能性があります。


弁護士に相談・依頼すると違うの?


当事者が自分で交渉しても「裁判所の基準」で保険金を支払うことは、保険会社にはあまり期待できません。

弁護士に相談・依頼していただければ、保険会社が提示した額について十分検討・調査した上、不合理な点について反論し、裁判所基準を基にした賠償額で交渉を進めます。

また、加害者や保険会社と直接やり取りするのが苦痛を感じる場合には、弁護士が代理人として交渉しますし、どの程度の示談金で折り合いをつければ良いのか分からないまま示談をするということも避けることができます。


弁護士費用特約って?


任意に加入している自動車保険や損害保険によっては、弁護士に保険会社や加害者と示談交渉を相談・依頼する場合の弁護士費用について、保険金が支払われる弁護士費用特約がついている場合があります。

任意で加入している自動車保険や損害保険のパンフレット・保険証・約款などをご確認下さい。

また、ご家族が加入している自動車保険や損害保険でも、適用される場合がございますので、ご確認下さい。

弁護士費用特約で弁護士費用を払いたいという場合には、保険会社に事前に連絡を入れる必要があることがありますので、保険会社の担当者に確認したり、パンフレット・保険証・約款などをご確認下さい。


こんな悩みもあるんだけど?


このような疑問・悩みを抱える方も、また、これらの疑問・悩みに当てはまらないけど交通事故についてどうすれば良いか分からないという方も、どうぞ気軽にご相談下さい。


交通事故についてのご相談




お電話でも受付

03-6806-1624

(受付時間平日 9:30~17:30)


▲ページトップに戻る